【聖地巡礼】花咲くいろはの舞台、湯涌温泉街

18きっぷが余っていたため9月頭に東京から金沢まで鈍行列車の長旅。

到着したのは18時頃で予約していたカプセルホテルにチェックインして観光は翌日。

朝は茶屋街や兼六園などのスポットをぶらぶらして寿司食べてメジャーな観光を楽しみました。外国人が多い印象、平日ってのもあるけど。

午後から駅前のバスに乗って湯涌温泉街へ。土砂崩れの影響でバスが途中までしか走っておらず、臨時マイクロバスに乗車した。臨時バスがないとかなりの距離を歩くことになっていたのでとても助かった。

アニメのパネルもあり、お土産売ってる店にもたくさんグッズが置いてありました。湯涌サイダーを購入、今年のぼんぼり祭りのラベルです。ぼんぼり祭りの一ヶ月前くらいだったので、ぼんぼりも設置されており着々と準備も進んでる感じでした。

P8300126

P8300129

 

金沢湯涌江戸村という所の中にある石倉屋では花咲くいろはの展示もやっていました。その時間に来ていた人は僕以外誰もおらず、係のおじさんが親切に案内してくれた。

P8300182

P8300186

P8300189

P8300185

そこから坂道を少し下った所に観光協会があります。グッズなども販売しており、記念に花咲くいろは仕様の白鷺の湯回数券を購入しました。準備があればお風呂にも入りたかったところですが今回は断念。

P8300197

P8300196

色々見て回り、温泉街の高尾食堂で腹ごしらえ。旅館以外で食事を取れるところはここしかないみたいなので宿泊客ではない自分は選択肢がなかった、美味しかった。

ぼんぼりのライトアップまで少し時間があったので、白雲楼ホテル跡広場という喜翠荘のモデルになった建物があった場所や玉泉湖にも行ってみました。玉泉湖はぼんぼりがまだ飾られてなかったです。

P8300160

そして一番見たかったぼんぼりの点灯。本当に綺麗でした。

P8300228

P8300217

P8300223

P8300227

バスの時刻も迫っていたので、写真たくさん撮って急ぎめでバス停へ。

今回の旅行は突発的な割にはじっくり見ることができ楽しめたなと思いました。

 

翌日、再び鈍行列車で地獄の約14時間の長旅が始まるのであった・・・。