映画『運び屋』の雑な感想(ネタバレあり)

原題『The Mule

あらすじとしては仕事一筋の男、アールが家族と疎遠になり、数年後仕事もうまくいかなくなり自身の農園を差し押さえられてしまう。90歳にもなり職に困り、偶然紹介された麻薬の運び屋としての仕事を経て、時間や家族の重要さに気付かされていくという感じ。実話を元に書かれてるらしい。観る前は普通の老人がギャングみたいな組織に絡まれて複雑になっていくような話(ブレイキングバッドみたいな)かと思ったけど、派手なシーンはそこまでなかったという印象。一度きりで辞めるつもりが十数回に渡る"旅"を繰り返し最後には逮捕されてしまう。序盤では稼いだ大金で退役老人クラブを立て直したり、孫の結婚パーティ資金を全額出資したりで"外"に認められていくシーンが描かれている。仕事をこなしていくうちに組織のいざこざが発生、後に引けないような状況に立たされる。その最中で妻の病気が発覚し、仕事(組織のルールが厳しくなり、勝手な真似をすると危険)と家族のどちらを選択するかを再び問われることになる。そこで家族を優先し、妻の死に際に立ち会い、仕事や外の人間に認めてもらうよりも大事なことがあるということに気づくシーンはとても良かった。と同時に、時間は有限であり、いくら大金を稼いでも買えるものではないとしみじみ感じた。結局はここが重要なポイントで、伝えたかったことなのだろうと解釈している。組織の一人と親交が深まり、アドバイスをしているシーンも印象に残っている。他には、ブツの運搬中に危うく警察犬にバレかけるが何らかのクリーム(記憶が曖昧)を手につけて匂いを嗅がせカモフラージュするシーンも面白い。ブレイキングバッドやグッドガールズを思い出させるような部分も多々あった。それとアールがクソデカいアメリカの地を車で走っていくだけで様になっているのかなり良い。あと老人が被りがちのしわくちゃになった帽子はどうしてあれほどハマるのか。

時間は限られていて金では買えないということを90の老人を通じて改めて思い知らせる映画だった。まとまりのない雑な感想というか概要みたいな感じになってしまったが…。

 

時々映画館に行って貯めていたポイントで無料クーポンを手に入れたので次は何を観ようか。